九動株式会社は、実験動物・飼育器具機材の開発、微生物検査・遺伝子解析 及び輸送体制の強化を図り、サポート体制を整えています。
HOME >  生殖工学試薬 > 特徴および使用例

生殖工学試薬

特徴
FERTIU®(マウス精子凍結保存液)は、凍結保存時に精子が
受ける傷害を抑えます。
FERTIUP®(マウス精子前培養培地)は、精子の受精能を
飛躍的に高めます
CARD MEDIUM®は、卵子の透明帯に作用し
受精しやすくし ます。
使用例

FERTIUP®(マウス精子凍結保存液)を使用し、
生きたマウスの代わりに精子を凍結保存しておくことで、
マウス系統を維持することができます。
そうすることで、飼育管理のためのコストやスペースを、
大幅に削減できます。

生きたマウスが必要なときには、凍結保存した精子を融解し、
FERTIUP®(マ ウス精子前培養培地)CARD MEDIUM®を利用し、
高率に受精させ、得られた胚を仮親に移植して、
マウスを作製することが可能です。


 

自然交配が困難な系統でも、雄マウスから採取した
新鮮精子をFERTIUP®(マウス精子前培養培地)で 前培養し、
CARD MEDIUM®を 用いて卵子と体外受精、得られた胚を移植することで、
短期間で産子を作製することができます。


 

雄マウスの代わりに、精巣上体尾部のみを冷蔵輸送キットで安価でかつ安全に輸送し、
それら尾部から採取した精子をFERTIUP®(マウス精子 前培養培地)で前培養し、
CARD MEDIUM®を 用いて卵子と体外受精、得られた胚を移植することで、
簡単に産子を得ることが可能です。


 

体外受精率の低い129やBALB/c系統においても、
採取した精子をFERTIUP®(マウス精子前培養培地)で 前培養し、
CARD MEDIUM®内 で卵子と体外受精することで、高い受精率が得られます。