九動株式会社は、実験動物・飼育器具機材の開発、微生物検査・遺伝子解析 及び輸送体制の強化を図り、サポート体制を整えています。
HOME >  生殖工学試薬 > CARD HyperOva® > 使用方法

生殖工学試薬

使用方法
保管温度:-20℃から‐80℃
投与時期:C57BL/6Jの場合、26日齢から30日齢(出産日を0日齢として)雌マウスへの投与が効果的です。

1)CARD HyperOva®を冷凍庫より取出します。37℃のインキュベーター又はウォーターバス等に入れて10分間放置
  して融解してください。
2)融解1時間以内に投与を行ってください。注射筒に吸引する前に、チューブを良く転倒混和しCARD HyperOva®
  均一にしてください。
3)まれに、注射針で吸引できないような浮遊物が析出することがございます。この場合、浮遊物注1を避けてCARD  
  HyperOva®を注射筒に吸引してください。
4)CARD HyperOva®を1匹あたり0.1mL - 0.2mL 腹腔内へ投与してください。
5)CARD HyperOva®を投与48時間後に7.5 IU の hCG注2を腹腔内へ投与してください。
6)hCG投与17時間後にマウスより卵管膨大部を摘出し、HTF培地などの体外受精用培地内に未受精卵を取出します。
  1個の体外受精用ドロップ内で未受精卵を100個以上媒精すると受精率が急激に低下することがあります。

※注1 浮遊物はCARD HyperOva®の効果に影響を及ぼしません。
※注2 hCGを別途ご用意ください。