九動株式会社は、実験動物・飼育器具機材の開発、微生物検査・遺伝子解析 及び輸送体制の強化を図り、サポート体制を整えています。
HOME >  実験動物 > 動物の福祉

動物福祉への取り組み

動物福祉への取り組み
 九動株式会社は生命科学の研究支援企業として、人々の健康増進と福祉への貢献を目指し、優れた実験動物や 各種研究支援サービスを提供しています。医薬 品・食品添加物・化粧品・機能性食品などの有効性・安全性に ついての評価は一層の厳密さが要求されており、より良質な実験動物の使用が不可欠となっています。
私たちは実験動物に関する各種省令及びガイドラインを遵守し、より適切な環境にて実験動物を生産できるよう 動物福祉憲章を制定し、全ての社員は実験動 物の開発・生産・飼育・保管・輸送に従事する際は動物福祉を遵守します。
動物福祉憲章
1)私達は、動物関連法等を遵守し、尊重し、幸せで豊かな社会の発展に尽力します。
2)私達は、かけがえのない地球環境の保全に配慮して、適切な実験動物の供給体制を整えます。
3)私達は、社会のQOLに寄与し生命科学の発展のためには動物実験が不可欠であるとの認識に立ち、
       動物関連業務では実験動物の生命を尊び慈しむ念をもって動物に接し、高品質の実験動物を提供します。
4)私達は、関連団体と連携して実験動物に関する知識を深め、特性を理解し、動物福祉に努めます。

 また、動物福祉憲章の理念を推進する為に、以下の組織体制・各種規定を制定し動物福祉体制の充実を図っています。
組織体制
・動物福祉委員会(福祉教育部会、SOP審査部会、動物実験計画書審査部会)
各種規定
・実験動物福祉規程
・動物福祉委員会規程
・福祉教育部会規程
・SOP審査部会規程
・動物実験指針
・動物実験計画書審査部会規程
動物福祉に関する自己点検について
  動物実験等の実施に関する透明性を確保するため、定期的に上記各種社内規定や指針への適合性に関して、動物福祉委員会を中心として実験動物管理者による自己点検及び評価を実施しています。
実験動物生産施設等福祉認証の取得について
 九動株式会社は、動物福祉についての第三者評価機関である公益社団法人日本実験動物協会の実験動物生産施設等福祉調査によって、平成28年3月に認証を取得しました。