totop

技術受託業務

微生物検査(K-Sat)

2020年12月に、公益財団法人実験動物中央研究所ICLASモニタリングセンターと業務提携し、弊社本社所在地へ「実中研ICLASモニタリングセンター九州サテライト」(以下、K-Sat)を開設いたしました。「高品質・信頼・実績」の微生物検査をご提供いたします。

実中研ICLASモニタリングセンター
K-Satとは?

ICLASモニタリングセンターは、1979年にICLAS (International Council for Laboratory Animal Science: 国際実験動物学会議) により唯一認定された、実験動物の遺伝および微生物学な品質管理のためのセンターです。K-Satは、主に九州地域の研究機関に、高品質な微生物検査を従来よりも手軽に提供すべく、2020年12月に開設されました。K-Satでは、実中研ICLASモニタリングセンターの経験豊富な技術者が責任をもって、採材・検査を行います。

高品質
微生物検査品質が常に高い水準を満たすよう、ISO9001:2015を導入し厳格な内部基準を設け検査を行っています。
信頼実績
国内でICLAS(International Council for Laboratory Animal Science: 国際実験動物学会議)により唯一認定された微生物検査機関です。長年の検査経験から膨大な知見を蓄積し、高品質な微生物検査を実施します。

微生物モニタリングの目的

定期的微生物モニタリング(維持管理及び試験結果への感染症影響排除)

高精度な動物実験と高品質な実験動物の生産のために、「微生物学的に統御された飼育環境」と「制御されていることが微生物検査により証明された動物」が不可欠です。繁殖の場では、維持管理する動物の微生物学的な品質が基準を満たしていることを、そして実験の場では、得られたデータが、感染症の影響を受けていないことを証明することができます。 感染が確認された場合、緊急的に微生物モニタリングを行い、「感染源の特定、汚染状況の把握」することで、迅速に対応できます。

検疫(外部からの導入する実験動物の微生物学的品質確認)

国内外の共同研究先等の外部研究機関から実験動物を授受する場合、事前に微生物モニタリングを行うことで、外部からの微生物侵入を防止します。

ヒトの安全(実験者の労働衛生管理)

人獣共通感染症は同一の病原体により、ヒトとヒト以外の脊椎動物の双方が罹患する感染症です。実験動物においては、実中研ICLASモニタリングセンターにより微生物カテゴリーA(人獣共通症)として、いくつかの微生物が指定されています。人獣共通感染症を含む微生物を定期的に微生物モニタリングすることは実験者の労働衛生上重要です。

検査申込について

 組織名称  公益財団法人実験動物中央研究所ICLASモニタリングセンター 九州サテライト(K-Sat)
 設立日  2020年12月1日
 住所  〒841-0075 佐賀県鳥栖市立石町惣楽883-1 九動株式会社内
 連絡先  TEL 0942-82-6519 FAX 0942-85-3175 E-mail k-sat@kyudo.co.jp

九州サテライト(K-Sat)での微生物検査は公益財団法人実験動物中央研究所ICLASモニタリングセンターのスタッフが実施いたします。

 お申込み先   九動株式会社
 TEL 0942-82-6519 FAX 0942-85-3175 E-mail k-sat@kyudo.co.jp
 申込方法    所定の依頼書式にご記入後、上記へお申込みください。
   K-Sat微生物検査申込フローのご案内(PDF)
   九州サテライト(K-Sat)微生物検査申込書(Excel)
   九州サテライト(K-Sat)個体識別一覧表 (Excel)
   実中研様式6(遺伝子組換え動物の受入れ依頼書)(Word)
 検体受入日   毎月 第1週及び第3週 月曜日・火曜日・水曜日
   2021年1月~12月末間検査動物受入スケジュール(PDF)
 動物検体搬出施設所在地毎に検体引取日をご案内いたします。詳細はお問合せください。
 費用   ①微生物検査費用を申し受けます(詳細は、下記URLをご参照ください)。
 実中研ICLASモニタリングセンター
 ②検査動物引取り手数料を申し受けます。